トールワゴンのN-WGN

トールワゴンのN-WGN

ホンダのNシリーズで今のところ最後に発売されたのがN-WGNです。

N-ONEが5ドアハッチバックモデル、N-BOXがスーパーハイトワゴン、そしてN-WGNは軽自動車の中で一番需要が高いトールワゴンを受け持ちます。

トールワゴンはスーパーハイトワゴンに次いで競争が激しいジャンルで、ライバルにはスズキのワゴンRやダイハツのムーブなど強力な車があります。

このジャンルは一番難しいジャンルで燃費だけでも居住性だけでも走行性能だけでもダメで、すべての性能を平均的に持っていなければ絶対に売れないという厳しい世界なのです。

その世界の後から乗り込んだこの車は、どうなのでしょう。

まず燃費性能ですが、これはNシリーズ共通のエンジンやドライブトレーンを使っているので基本的にはそこそこいいものを持っています。

実際の数値を見てもNAモデルで29.2km/L、ターボエンジンモデルで26.0km/Lとかなりいいものを持っています。

次に居住性ですが、全長・全幅・全高共にほかの軽トールワゴンと似たようなサイズを持っているので特別広いとかそういったものはありませんが、シートの座面が低いせいか広く感じます。

最後に走行性能ですが、これもほかのNシリーズと同じもを使っているので、NAで58ps、ターボエンジンで64psと申し分ないものを持っています。

それとグレード構成ですが標準モデルとドレスアップモデルに分かれていてそれぞれにNAエンジンモデルとターボエンジンモデルがあるということもほぼ一緒でこれも優劣つけがたいところなのですが、総合的に見ると走行性能で選ぶということであれば、このN-WGNが一番いい車と言えるでしょう。

 

サイトマップ